航空工業レーダー所 開発センター第二期工事は建設が開始
2012年6月1日
  近日、無錫山水城にある航空工業レーダー所開発センター第二期工事は建設が始まった。紹介によると、開発センター第一期工事に次ぐ第二期工事は大型投資案件で、投資金額が8億元、建築面積が約11万平米に及び、工事は2019年末に竣工する予定。市委常委、無錫軍分区政委である柳江南氏は着工式に出席した。

  航空工業レーダー所所長である鄒偉锋氏によると、開発センター第二期プロジェクトを建設するのは航空工業レーダー所、十四次五ヵ年計画期間中の発展、並びに長期発展を図ることからの需要であり、レーダー所にある軍隊を強くする重責からの需要である。出来上がると、ここは国際スタンダードの航空機搭載レーダーの開発基地になり、無錫の先端科技並びに経済の発展に、産業強市活動に新たな動力を加える。