休日観光市場安全検査を行う
2012年6月1日
  春節が近づき、無錫観光市場の安全については油断していない。2月11日、副市長の劉霞氏は市観光、公安、消防、安全検査、品質検査などの部門責任者を率い、無錫春秋国旅、梅園景勝地、太湖ホテルなど観光事業に関わる機構に伺い、持ち場を守っているスタッフらを見舞い、休日観光市場の安全検査を行った。

  無錫春秋国旅湖濱路旗艦店では旅行代理店の責任者はチャーター機業務、春節チャーター機の便数、大型客船のチャーター状況について報告をした。検査グループはカスター大型客船館を見学、春節期間中、観光客の安全を如何に確保するのか具体的な要求を打ち出し、更に、外国観光客向けのコースに、運河主題を引立てるコースを織り込むことに工夫して集客する提案をした。梅園景勝地に、検査グループは新規建設した観光客用トイレを見学した。景勝地の公共インフラ施設にIot技術を運用することを検査グループは高く評価し、標準化管理を引き続き引き上げる希望を景勝地に打ち出した。太湖ホテルでは検査グループはホテルのキッチン、消防センターなどの重点場所をチェック、ホテルの受入サンプル保存状況、安全周知状況、消防演習の定例化実施状況をチェックした後、ホテルのマネジメントは行き届いていることを評価した。春節連休中、レストランは空席がない報告を聞き取り、市指導者はホテルにサービス品質、観光安全を最優先にして、わが市春節観光市場秩序の安定を守り切る要求を打ち出した。