画家施本銘氏は作品を寄付、塵肺の治療に力を貢献する
2012年6月1日


  画家施本銘氏は霊山梵宮に掲げる12枚の「世界仏教伝法図」長軸作品を書いたことで無錫と縁を結んだ。2月10日、施氏の个人画展「玉犬迎春」は無錫徳加芸術空間で開幕した。活動現場では施氏は風景作品を2作、無錫肺移植基金に寄付、売り渡すの対価を塵肺患者の治療にあてる。