梅園 梅の花祭は開幕
2012年6月1日
  2月10日、「春は梅園から始まる」2018中国無錫梅の花祭並びに全国梅の花盆栽招待展覧は梅園景勝地で開幕した。今回のイベントは3月25日まで続く。

  今や、梅園には梅の花も静かに咲き始め、およそ二月中旬に見頃に入る。江南に有名な花見景勝地である梅園には梅の花の品種は多く、ここで保存される品種は400項目も超えた。中には梅林が120ムー、梅の花が一万本を上回っている。梅の花は主に、栄氏梅園、古梅奇石圃、凝香道両側、東横山及び北園、この五つの場所に分布している。古梅奇石圃はピング辰砂、紅冬至、八重冬至など早梅品種がメインでその開花時期は一月中旬から始まり、二月末まで続く。 栄氏梅園は銀紅、銀紅台閣、二緑萼、鉄骨紅などの中梅品種がメインでその開花時期は一月下旬から二月末及ぶ。凝香道両側の梅の花は紅露梅、人面桃の花、小緑萼などの中晚梅品種がメインで開花時期は二月初から三月中旬までである。東横山梅林は中梅品種がメインで小宮ピンク、単弁跳枝、紅須辰砂、大凑が代表的なもので、開花時期は二月初から三月初までである。北区の梅林はメインが国際に登録記録のある品種でその他、国内登録記録のある梅の花の品種を280項目以上収集、開花時期は二月初から三月中旬までである。