全域観光発展推進会は開催
2012年6月1日
  このほど、2018年無錫市全域観光発展推進会は開催、そこで全市国家全域観光模範区創出業務の推進状況を交流、2018年観光重点業務に関する目標任務書を発表した。市指導者の袁飛氏、劉霞氏は会議に参加した。

  市委常委、宣伝部長の袁飛氏は下記見方を明らかにした。「わが市は国家全域観光模範区を進めるに当たって、今年は『ブレイクダウンの年』、『推進の年』である。全市観光業務を進めるには質のいい観光に関する発展要求の通り、観光供給側構造性改革を主軸に、国家全域観光模範区の創出を取っ手に、観光体制、メガニズムの改革を進め、企画を行動指針に、製品供給のリードタイムの短縮、サービス質の改善、『省内先頭、国内一流、世界有名』な観光目的地都市の早期創出に注力しなければならない。そして、観光総合管理体制改革を推進、全域観光の発展を進めるには企画を行動指針に、観光上質製品市場向けの供給リードタイムを短縮、観光公共サービス体系の建設を力強く進め、都市観光に対する市場活動を強化、全域観光発展の新境地を切り開くよう努め、わが市の観光業に質のいい発展という新時代に邁進させるよう取り組まなければならない。」

  会議の前に、市観光発展並びに国家全域観光模範区創出リーダーグループは濱湖区観光警察総合法律執行ホールと全域観光知能サービス(指揮)センターを見学した。