春節に景観スポットの点灯を翌日の零時までに延長する
2012年6月1日


  近日、照明作業者は解放環路にあるランプに赤い提灯を掲げ、喜ばしい「お正月の雰囲気」を加えた。無錫照明管理処の情報によると、春節期間中、無錫ではすべての景観スポットは点灯は2月15日(大晦日)から始まり、2月21日(旧暦六日)まで続く。そして、各主要市街、広場、公園、公共緑地及び建物などの景観照明施設は点灯が翌日の零時までに延長することになる。