2018我々無錫芸術巡回展覧はスタート
2012年6月1日


  2月1日、新春佳節が近づいてくる中、無錫日報報業集団が主催、無錫報業発展有限公司、無錫市収蔵家協会が推進、無錫顧愷之書画院が協賛した「迎新祈福 詩意人生」2018我々無錫芸術巡回展覧は無錫朗詩新郡不紙書店で開かれ、新春ギフトとして市民に差し上げられた。展覧会の開幕と共に、無錫日報報業集団と提携契約を締結した青年書画家も一斉に顔を出した。

  「我々無錫芸術」巡回展覧開幕行事とした「迎新祈福 詩意人生」書画展には20名近くの無錫出身或いは無錫で仕事したことのある書画家は無錫で感じたこと、見たことを反映した作品を30点近く出展した。これらの作品は生き生きしており、形も神韻も現物とそっくり、彼らが無錫での生活や体験や及び無錫文化精神への理解を存分に表した。

  今回の展覧会にて頼輝氏、徐惠君氏、陳皓氏、陶缀氏、肖文亮氏、郭瑞卿氏、郎麗巍氏、この7名の無錫日報報業集団と提携契約を締結した青年書画家は自らの作品を以て、一斉にデビューした。彼らは正に創作模索の肝心段階にあり、無錫美術の新しいパワーで、無錫の文化土壤に新たな活力を寄与している。今回展覧会は2月12日まで続くが詳細情報は「我々無錫」ウィチャット公式アカウントをご確認ください。