無錫市十六期人大二回会議は成功裏に閉幕
2012年6月1日


  無錫市第十六期人民代表大会第二回会議は四日間にわたり、予定議題を円満に終えた。1月10日午後、会議は成功裏に閉幕した。

  会議の出席代表数は431人、法定人数に達した。主席団常務主席の徐一平氏は会議を主宰した。大会は魏多為氏を無錫市第十六期人民代表大会財政経済委員会主任委員に委任することを票決、可決した。次の無記名投票選挙で無錫市監察委員会主任選挙と無錫市第十六期人民代表大会常務委員会副主任の補欠選挙を行い、江蘇省第十三期人民代表大会の出席代表を選出した。選挙終了後、大会は選挙結果を公表した。王喚春氏は無錫市監察委員会主任に当選、魏多為氏は無錫市第十六期人民代表大会常務委員会副主任に当選、丁栄峥氏、王維氏など60人は江蘇省第十三期人民代表大会代表に当選した。大会は憲法宣誓を行った。
  
  議案審査委員会の行った議案審査報告を大会は聞き取り、可決した。市人大財政経済委員会は文面の形で計画審査報告、予算審査報告を提出した。政府工作報告に関する決議、無錫市2017年国民経済並びに社会発展計画実行情况、2018年国民経済並びに社会発展計画に関する決議、無錫市2017年財政予算実行情况及び2018年市レベル予算に関する決議、無錫市人大常委会工作報告に関する決議、無錫市中級人民法院工作報告に関する決議、無錫市人民検察院工作報告に関する決議を会議では票決、可決された。
  
  終わりに、大会は閉幕式を行い、主席団常務主席の徐一平氏は閉幕式を主宰した。