「迅雷」行動スタート  警察は春節前の治安を確保する
2012年6月1日
  市公安局からの情報である。春節直前の社会治安を維持するため警察は1月10日から春節前の暴力犯罪と民生に関わる盗難案件などを集中的に解決する「迅雷」行動を行うことにした。

  警察の統計によると、春節に近づき、「一回で儲かってから地元へ戻って新年を迎えよう」というような考えを持って犯罪を起こす容疑者が多くなってきた。最近、市内で発生した強盗、盗難事件数が上り、人々に不安を感じさせた。春節前の特殊な治安状況に効果的に対応するため、警察は「強盗、盗難、詐欺、売春、ギャンブル、麻薬」等重大問題に対して重点整頓を行い、すでに発生した事件を効率高く解決しようとする。尚、店舗での盗難、電動バイク盗難や入室盗難など多発した財産侵害犯罪ついて、地域的な打撃、整頓行動を行う予定だ。また、流動人口の集まる地域、レンタル住宅、ホテル及び複雑な公共エリアなど重点エリアへの管理を強化、際立った問題を解決、上記場所に隠されている容疑者を厳しく打撃し、速やかに各種リスクを発見し、解消することによって、全市社会治安の全体安定を確保しようとしている。犯罪者に打撃を与えると同時にパトロールと監視も強化し、特に重点エリア、人口密度が高い場所にて、軍隊パトロール、公安特別警察の街中待機など様々なパトロール強化の実施によって、速やかに有効的に各種突発事件を処理することを図る。