無錫科学研究環境はハイテクプロジェクトの推進に拍車をかける
2012年6月1日


  1月9日午後、市第十六回人民代表大会二次会議はグループ審議を行っていた。市人民代表、中船重工第七〇二研究所所長、何春栄氏は濱湖区代表団会場に入場したところ、祝賀の声が会場内に絶えずに響いた。1月8日に北京で開催された2017年度国家科学技術奨励大会にて、七〇二所が主導した『蛟竜号』有人潜水艦研究・運用プロジェクトは最大の賞である「国家科学技術進歩一等賞」に入賞した。市人民代表大会に参加した途中、何春栄氏は七〇二所チームを連れて上京し賞を受けた。受賞した日当日また無錫に折り返し会議に参加し続けた。