市十六期人大二回会議は第二回大会を開催
2012年6月1日


  無錫市十六期人大二回会議は1月8日午後、市人民大会堂で第二回大会を開いた。

  大会の出席代表数は426、法定人数要求を満足した。

  主席団常務主席の趙志新氏は大会を主宰した。市十六期人大常委会主任の徐一平氏は大会に無錫市人大常委会工作報告を行った。2017年は党十九大が成功裏に開催された年であり、またはわが市は高水準で小康社会の全面達成、「強富美高」新無錫建設を進めるにおける重要な一年間、今期人大常委会が職責を履行するにおける第一年目でもある。市人大常委会は党十九大を迎える、十九大精神を学習、宣伝、貫徹する任務に激励され、中共無錫市委の指導の下、中央精神、省、市委の意思決定、配置を巡って、法律に従い、職責を履行、進んで動き出し、我が市の改革発展及び民主法治建設に新たな貢献を与えたため、今期人大業務はいいスタートを切った。
  
  過去一年間、市人大常委会は「四つの意識」を強化、高所から全体を見渡す政治視野を持って、「五位一体」全体配置を統合的推進と「四つの全面」戦略配置を協調的に進めること巡って、「経済発展の効果増加、質向上、民生福祉の短所補足、標準向上、生態環境の改善、社会ガバナンスの創新」四つを重点業務として確定した。また人大業務の全プロセスに党の指導を貫くことで人大各業務を市委の意思決定、業務配置に一致させるようにしたと徐一平氏はコメントした。