新時代に立ち向かう、新使命を果敢に担い、新作為を起こす
2012年6月1日


  1月4日、共青団無錫市第十九期代表大会は盛大に開幕した。習近平新時代中国特色社会主義思想を行動指針に、新時代に立ち向かう、新使命を果敢に担い、新作為を起こす、高水準で小康社会の全面達成、「強富美高」新無錫の建設実践活動において青春の力を貢献、時代に人民に、青春に答えられるような新たな業績を創出するようと省委常委、市委書記の李小敏氏は全市各級団組織並び青年団員に言いつけた。団省委書記の王偉氏は会場に臨み、祝意を表した。市指導者の汪泉氏、徐一平氏、周敏炜氏、周英氏、王喚春氏、謝暁軍氏、袁飛氏、趙志新氏、劉霞氏、劉玲氏及び市政府秘書長の許立新氏は開幕式に出席した。
  
  党十八大以来、習近平同志を核心にした党中央は青年業務と共青団の業務を高度に重視、一連となる新思想、新観点、新要求を掲げ、新時代において我々が青年に関わる業務をよく運ぶ、青年事業の発展を推し進めるに当たって前進方向を明らかにしてた。目下、中国特色のある社会主義は新時代に入り、無錫の発展も新たなスタートを切り始めたところ、正に、広範なが知恵を絞り、充実した人生を過ごすための広い舞台が広がっているところだ。全市各級団組織と広範な青年団員は理想信念を、価値観を動揺せずに、練磨前進し、高水準で小康社会の全面達成、「強富美高」新無錫の建設実践にて新らしい風采を、新作為を見せて、新時代に答えたれるような華やかな青春物語を書き残してくださいと李小敏氏は指示を出した。