2017世界物のインターネット博覧会は盛大に開幕
2012年6月1日


  9月10日、工業・情報化部、科技部、江蘇省政府の共催で行われた世界物のインターネット(IOT)業界の重要イベント、2017世界IOT博覧会は無錫で開幕し、無錫は多くの注目を浴びている。当日午前、2017世界IOT無錫サミットは盛大に開催された。省委書記の李強氏はサミットに出席、また基調講演を行い、科技部の党組織書記、府部長の王志剛氏、工業・情報化部副部長の羅文氏はそれぞれ挨拶を述べた。省長の呉政隆氏はサミットを主宰、省委常務委員、無錫市委書記の李小敏氏は歓迎挨拶を述べた。

  サミットでは、未来を変えるIOT、グローバルIOT体系の構築、IOTとスマート製造、完全に相互接続するスマート社会の構築、IOTを歓迎、斬新な未来へ、エネルギー新世界を切り開くIOTなどの主題を巡って、アリババ集団の董事局の馬雲主席、中国電科集団公司の熊群力董事長、中国科学院会員である丁漢氏、華為公司の常務董事、戦略Marketing総裁である徐文偉氏、HP社グローバル副総裁のカーピル•ラウア、遠景能源董事長の張雷氏など有名な企業家、専門家は素晴らしい公演を発表した。 

  李強氏は江蘇省委、省政府の代表として、お客の来場について歓迎の意を表し、挨拶を述べた。李氏はまず、2016世界IOT博覧会が成功に開催した以降、わが省ではIOT及び関係産業の発展はかなり進んだと振り返った。また下記を語った。「中国IOTは無錫で発足したもので、この無錫ではIOT産業発展のブームは起きていて、IOT産業の躍進的な発展に新たな条件とチャンスが整備されつつあります。IOT産業の盛んな発展情勢を見込んで、IOT時代が早く到来することを促進するため、今日、我々は太湖の浜で一堂に会する場を作りました。我々は国内外の有識者と真摯に提携、共に努力することでIOT発展の朝日はこの太湖の浜でのぼることを願います。」