無錫第1回 「未来大使」は陽光イメージを展示しに日本へ行って熱烈な反響を引き起こす
2012年6月1日

近日、市外事事務室の組織で、濱湖区商務局、環境保護局、教育局が主催して、無錫国際交流センターが共同に引き受けて幾重にも選抜した第1回「未来大使」はわが市の日本友好都市へ訪問して、無錫青少年の健康、知恵、多芸多才の陽光イメージを展示して、日本友好都市の市民特に青少年の熱烈な反響を引き起こして、多くの青少年は次のように表した。無錫からの「未来大使」は日本民衆「平和、自由」に対しての固守と憧憬をいっそう喚起した。

今回の「未来大使」の日本へ行くイベントは「中華文化を広めて、環境保護の理念を実践する」をテーマとして、わが市が青少年国際文化交流を促進する一回の大胆な試みであり、日本友好交流に対しての方面で良好な効果を得ただけではなくて、更に強力に無錫の国際都市のイメージを宣伝した。一つ面において政府が舞台をかけて、庶民が劇を演じる。選抜は公然と公正で、幾重にもふるい分けるを通じて、2ヶ月に続いて、濱湖区の各中小学校からの200数名の生徒から当選して10名の優秀な“未来の大使”を抜き出しました。二つ面においてみんなの期待に負けなく、実りが多い。在日期間に、「未来大使」は私が市の友好都市である相模市と浜湖区と結んでいる友好都市である松坂市を訪問した。ゴミ処理工場を見学してから、市長の接見、インタビューを受けるまでに、“大使の”達は自分でまじめで、謙虚な振る舞いで、知恵は深さの応答があって、それぞれ特色な芸が出演して、日本側の各界の一致する好評を獲得した。日本の民衆に更に無錫を了解させられて、好感を深めた;三つ面において学んで実際の役に立てて、人民に返報するのである。「未来大使」達は次のように表した。無錫に帰った後に日本民衆が中日民間の友好のなあこがれに対して順次伝えて、そして人を宣伝者と志願者として団地、学校に入って環境保護の宣伝を行って、自分が日本で学んでいる環境保護の理念と相関法を無錫の広大な民衆に理解してもらって、無錫の全社会に環境保護意識に上がっていくと思っています。