中文(简体)  |   English  |   한국어  |   中文(繁體)
無錫地理
2019-12-05
 

【位置面積】

無錫市、別名梁、錫と略称する。北緯3107分~3202分、東経11933分~12038分にあり長江デルタ江湖間回廊部分、江蘇省東南部にある。東は蘇州に近く、上海から128キロ離れてい。南は太湖に臨んで、浙江省と接してい。西は常州に接して、南京から183キロ離れてい。北は長江に臨んで、泰州市靖江市と川を隔てて眺めてい。無錫市は江蘇省の管轄市で、全市の総面積は4627.47平方キロメートル(市街区の面積は1643.88平方キロメートルで、その中の建設区の面積は231.3平方キロメートル)で、その中の山地と丘陵地帯の面積は782平方キロメートルで、総面積の16.90%を占めている。水面面積は1342平方キロメートルで、総面積の29.0%を占めてい

 

【地形事情

無錫市の境内には平野をはじめ、低い山や丘が散在してい。南部は水網平野で、北部は高砂平野で、中部は低地により形成された水網圩田で、南西部は地勢が高く、宜興の低山と丘陵地区である。無錫市の地形は中生時代のインドシナ期間(今から約1.8億年)の華夏系構造に形成され、無錫地区褶曲し、陸地にさせた。燕山運動(今から約1.5億~7000万年)は、強烈な火山活動と新褶曲構造の形成によって、より安定した基板が新たに復活した。今から約2500万年前のヒマラヤ運動は、差異性の昇降運動を主とし、古構造に基づき、また東西間褶曲と断裂を強化した。江陰、宜興一線の東部を現代太湖を中心とする盆地にさせた。即ち太湖盆地になった。宜興地区の山体はすべて東西に伸び、絶対高さは500メートル以上、最高峰は黄塔頂で、海抜は611.5メートルである。江陰と無錫市区の丘は全体的に北東、北東東の走向になっている。最高峰は恵山三茅峰で、海抜は328.98メートルである

 
「中国無錫」政府ポータルサイトの著作権声明      サイトマップ     私たちへのご連絡

Copyright © 2011 The City of Wuxi All right reserved. ICP Certificate No. 09024546