中文(简体)  |   English  |   한국어  |   中文(繁體)
美食
2019-12-18
 

無錫の伝統的な四つのお土産は味噌排骨筋、恵山泥人、陽スイミツトウである。無錫に太湖三白があ。つまり、銀魚、白エビ、白缌魚である。太湖真珠は装飾品としてだけでなく、薬としても使割れている。無錫には他に三鳳橋味噌カルビ、馬山楊梅、無錫小籠包、拱北楼陽春面、聚豊園腐乳肉などたくさんのお土産がある   

無錫排骨:無錫味噌排骨の色は赤で、香ばしい味と塩辛い味が適当で、人に好まれている。   

大浮ヤマモモ:大浮ヤマモモは郊外の大浮山、馬跡山で産出する。千年近くの栽培史がある。江南はヤマモモの発祥地で、昔はヤマモモを「呉越佳果」と呼んでいた。大浮ヤマモモは肉が厚く、核が小さく、甘酸っぱくて美味しい。種類はウメ、白レイシ、大葉細蒂など十数種類がある。渇きをいやし、食欲をそそり、唾液を分泌させるなどの効果がある。無錫人は「ヤマモモ酒」を好ましく食べている。ヤマモモを酒に浸し、少量の黒糖を加え、湿止め、下痢止め、暑気払い、寒さを防ぐことに効く。    

陽山スイミツトウ陽山スイミツトウは無錫の有名な特産品の一つで、もう七十年近くの栽培の歴史があ。美し形の、艶やか色、良い味、細い肉、強靭皮、多い汁、濃い味、すぐ溶けるなどの特徴を持ているスイミツトウの品種はとても多くて、その中は早熟の雨花の露、中熟のビルマと晩熟の白花のスイミツトウが最も良い。色、香り、味が良いだけではなく、一定の蛋白質、脂肪、ビタミン及び多くのミネラルが含まれている。香港、マカオ及び海外でも人気のある無錫土産である    

清水油筋:色は黄金色で、表面はつるつるして、味は脆く、無錫の一大特産品である    

無錫茶:茶の縞がきつくて縮れる。葉が柔らかくて、青々としてい、白毫で覆われてい    

太湖銀魚:長さ二寸余り、体はやや円で、形は玉のかんざしのように見える。骨がなくて、腸がなくて、柔らかくて透明で、色は銀のようである。銀魚と呼ばれてい。銀魚はもともと海魚で、後に太湖に定住して繁殖して、太湖の貴重な特産品になった。銀魚の肉の質は細くて柔らかくて、栄養は豊富で、鱗がなくて、とげがなくて、生臭さがない味各種の料理に使うことができ    

太湖白魚:「頭も尾も上に向かっている」ため、「鲦」とも言われている。体は細長い偏平で、細い骨鱗、銀色の光が輝いてい。肉食性経済魚の一つである。まだ養殖していないので、主に天然の漁獲に頼ってい。白魚は肉質が柔らかく、鱗の下に脂肪が多くジギョに似てい。太湖の貴重な魚である    

太湖白エビ:エビは肉が多く、干しエビに加工することができる。皮をむいたら「湖開」である。エビはまだ薬に使える。天然痘の治療、乳汁を催し、腸を強くし、精力を強力に補うものである、内服は解毒する機能があ    

ジギョ:江陰市水産で有名な揚子江三鮮があジギョ、サンマ、ふぐである。三鮮の中ではジギョ一番人気がある。「魚の中の王」と言われていジギョ行動が迅速で、うろこの鋒は尖っている。これによって、他の魚と戦い“混江龍”とされる    

ヤマモモ馬跡山は昔から「江南果籠」と呼ばれてい。良質のヤマモモが豊富に産出されてい。数百年の栽培史があ。殿山、潭東、炭団、雪桃など十種類以上の種類があ。檀渓、盤龍両湾のウメは特に高級品で、皇室の貢ぎ物として登録されていた。現在全山にはヤマモモが二千里余りあり、年間の生産量は一万担に達してい    

恵泉黄酒:恵泉酒は無錫米泉で浸漬し、独特な方法で醸成している。泉は清冽で甘味がある有名な無錫恵山二泉でしか使わない。無錫恵泉酒、紹興加飯酒、丹陽封甕酒と福建省の沈甕酒は中国古代四名酒と呼ばれてい    

馬山里芋:里芋、「芋艿」とも言い、古代「蹲鸱」と呼ばれている。馬跡里芋は頭が大きくて、形が丸くて、質がモチモチとして、味が美味しくて、千年余りの栽培の歴史があって、かねてから蘇常などのところ人気がある。    

小籠饅頭:無錫小籠饅頭は無錫の伝統的な名前で、百年の歴史があ。それは上等の小麦粉を選んで、材料を選んで精密で、小籠は蒸し煮。中身はじっくり煮込んだ蟹バターが入って、それは著名な「蟹粉小籠」である    

三鮮ワンタン:三鮮ワンタンは、無錫県東亭郷の民間に起源し、無錫の伝統的な名所として発展してきた。ワンタンは新鮮な肉、干しエビ漬け物であんの中身を作るため、「三鮮」と言    

:方、無錫の伝統的なお菓子であり、崇安寺「六芳斎」の師匠王禹清が湖州の大方を導入し、加工したものである。濃厚な江南の風味が入っている    

大根の千切り餅:大根の千切り餅は無錫風味のスナックである。作り方:大根をきれいに洗って千切りにし、少量の食塩で少し漬け込んでから、水分を絞って、ねぎの粉を入れて混ぜ。小麦粉と冷たい水をのり状にして、鉛の皮で作った楕円形のスプーンを使って、下の階に粉を敷いて、ダイコンの糸を入れて、更に面を使って表紙を付けて、油の鍋の中に入れて黄金色の型を抜    

酒醸棉子団子酒醸棉子団子は無錫ですでに百年の歴史がある。上等の白米粉を熱湯で混ぜてもんで、角切りにして、綿のような大きさの小さい円に作る。酒醸をつぶして砂糖と一緒にに入れて、ゆでた団子スープをに入れると完成する    

掛粉団子:粉団子は五色団子とも言われている無錫の伝統的なお菓子である。沸騰した湯にすこし待ってば食べられる。    

砂糖芋:砂糖芋は無錫の伝統的なお菓子で、柔らかくて、色が真っ赤で、甘いスープが新鮮で、香りが四方にあふれているなどの特徴があ    

玉蘭餅:最初は無錫の孫記餅の店で作られた。ちょうど木蘭の花が咲く時期なので、名前がつけられた。この餅はもち米の粉に熱湯を加えて小さい塊を揉んで、餅のを作って、野菜の油、あんまん、新鮮な肉、バラ、ゴマなどの餡を入れて平鍋油で焼    

シュウマイ:シュウマイは、無錫の伝統的なお菓子の一つである。このお菓子は豚の腿肉、豚の板油、ナズナまたは青菜の若葉を使用して、調味料を加えて野菜と豚の油の餡に作る。

 
「中国無錫」政府ポータルサイトの著作権声明      サイトマップ     私たちへのご連絡

Copyright © 2011 The City of Wuxi All right reserved. ICP Certificate No. 09024546