中文(简体)  |   English  |   한국어  |   中文(繁體)
近代無錫
2012-06-18
 

 

 

 

 

 

  近代、経済の急速な発展に伴って、無錫は江蘇省南部の経済の中心都市になる。無錫の米市場は咸豊十年から同治二年(1860~1863年)までの太平天国戦争中に破壊された。戦争後、徐々に復元された。清代後期には、無錫は周囲の農産物の集積を背景に、その米市場の相場の影響力を江蘇省の範囲を超えるほどに達した。また紡績業や繊維産業が発達し、無錫は「布碼頭(布の港)」と呼ばれるほどだった。そして、辛亥革命までの間に食品や繊維などの民族資本が形成され始める。1912年、中華民国は無錫県を置き、大小の資本の本拠地となった無錫は「小上海」といわれるほど商業の繁栄を見た。改革開放以来、無錫の経済は再起し、目覚しく発展を遂げることとなった。1981年無錫は全国15ヶ所の経済中心都市のひとつとなり、1984年無錫は全国10ヶ所の重点観光都市のひとつとなった。1985年までに無錫は開放都市となり、工業団地などが整備され、海外資本が大規模な投資を行った。

 

 
「中国無錫」政府ポータルサイトの著作権声明      サイトマップ     私たちへのご連絡

Copyright © 2011 The City of Wuxi All right reserved. ICP Certificate No. 09024546