中文(简体)  |   English  |   한국어  |   中文(繁體)
無錫建置
2019-12-11
 

【建置沿革】無錫は江南文地の一つで、文字で記載された歴史が3000年以上前の商朝末に遡ることができる。紀元前十一世纪末、周太王の長男の泰伯は王を三弟の季暦に譲るため、二弟の仲雍を携え、今陝西の岐阜山から江南に行き、梅里(今无锡梅村)に定住し、城を筑いて国を立て、「呉」と称した。周が商を滅ぼした後に、泰伯が子がないため、周武王は仲雍の5世の孫の周章を追跡して呉君になって、呉上国を建てた。周元王三年(紀元前473年)、越は呉を滅ぼし、無錫は越国に属した。周顕王35年(紀元前334年)、楚は越を滅ぼし、無錫は楚国に属した。秦王政二十四年(紀元前223年)、秦は楚を滅ぼし、会稽郡を置き、無錫はこれに属した。漢高祖5年(紀元前202年)無錫県に始設し、会稽郡に属した。王莽(西暦9年)は有錫県と改名し、東漢建武元年(西暦25年)は無錫県を再設置した。三国時代、無錫の西を屯田に分け、陵典の農学校の尉を置いた。西晋太康元年(280年)無錫県に復置され、陵郡に属した。隋、唐、宋も同じであった。元元貞元年(1295年)には無錫を州に設置し、浙江行中書省常州路に属した。明洪武元年(1368年)には州を県とし、中書省常州府に属した。清雍正二年(1724年)、無錫に分けて無錫、金匱の両県になり、常州府に属した。宣統三年(1911年)、無錫光復、錫金軍政分府は元の金匱県属に設立され、元の無錫、金匱両県を管轄した。同年5月、錫金軍政分府を撤廃した。民国元年(1912年)錫、金両県が合併して無錫県と復称し、蘇常道に属した。民国16年(1927年)、無錫は江蘇省に直属した。民国23年から26年(1934-1937年)まで、無錫行政監督管理区の専門職員公署駐地であった。抗日戦争中、無錫四郷は相次いで中国共産党指導の錫北、錫東、太湖、武南、澄西などの抗日民主政権を創立した。

 

1949年4月23日無錫解放、無錫は無錫市、無錫県に分けられ、市、県の同城、無錫市は蘇南人民行政公署に属した。1953年に江蘇省を設置し、無錫市は省の管轄市になった。無錫県は前後何度も変化していた。かつて常州専区、無錫市、蘇州専区に属していた。無錫市区は1958年6月に4区の構造を基本的に形成した。すなわち、崇安、南長、北塘の3区と郊外である。1983年3月には、市管県体制が実行され、蘇州地区の無錫県、江陰県と鎮江地区の宜興県は無錫市の管轄に属した。1988年に馬山鎮(馬市地区を含む)に馬山区を設立した。1987年4月、1988年3月、1995年6月、江陰県、宜興県、無錫県は相次いで県を撤収して市を設け、江陰市、宜興市、錫山市を設立した。1995年3月、無錫市市街区と無錫県行政区画は一部調整を行い、無錫新区を設置した。郊外の旺荘郷、無錫県放鎮と坊前、新安、梅村の3鎮の19の行政村を含み、無錫国家ハイテク産業開発区、無錫シンガポール工業園と並んで、無錫新区に管理されるようになった。2000年12月に、錫山市を撤廃して、錫山区と恵山区を設立した。馬山区を撤廃して、馬山区の行政区域と錫山市の一部の鎮(9つ)を無錫市郊外に合併して、郊外を濱湖区と改名した。2001年12月に、濱湖区広益鎮は崇安区に合併され、揚名鎮は南長区に、黄巷鎮、山北鎮は北塘区に帰属するようになった。2015年10月に、崇安区、南長区、北塘区を撤廃し、合併して梁渓区を設立した。錫山区の鴻山街道と濱湖区の江渓、旺庄、碩放、梅村、新安の5つの街道を新呉区に設立した。

 
「中国無錫」政府ポータルサイトの著作権声明      サイトマップ     私たちへのご連絡

Copyright © 2011 The City of Wuxi All right reserved. ICP Certificate No. 09024546