中文(简体)  |   English  |   한국어  |   中文(繁體)
無錫 開放の新しいチャンス
2020-11-21
 

 最近、中国、東南アジア諸国連合10か国、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドを含む15か国が、地域包括的経済パートナーシップ協定(RCEP)に署名した。世界最大の人口、最大の経済貿易規模、最大の発展可能性を備えた自由貿易地域が正式に発足した。 RCEPの署名は間違いなく無錫により多くの新しい機会をもたらすでしょう。」と無錫商務局長である汪行氏言ったRCEPの調印により、世界経済の約3分の1が一体化市場を形成し、企業は優遇政策をより大きな程度で、より便利に享受でき、市民は輸入品をより低価格で享受できるようになる。これにより、無錫は外国貿易と投資のレイアウトさらに最適化していく。 

 

  RCEPの最も直感的な影響は、間違いなく関税の引き下げである無錫税関責任者は、輸入国の5%の関税引き下げに基づ、昨年の輸出商品の関税引き下げは約9,500万米ドルであった。RCEPが発効すると、この地域の商品取引の90%以上が最終的にゼロ関税を達成し、より多くの産業利益が得られRCEP協定締結後、輸入原材料にかかる8%の関税はなくなり、長電テクノロジーの原材料輸入コストが削減される。それに伴い、企業のパッケージ・加工見積り台湾などの地域の競合他社に勝り、企業収益性がさらに向上すると見込まれる

 

 汪行氏は次のように率直に述べた。RCEPの実施により、無錫は日本、韓国などの加盟国とハイエンド機器および主要コンポーネントに関してより深い技術協力を行い、無錫の産業チェーンのハイエンドへのアップグレードを促進し、外資を誘致できる。また、無錫の企業がよりよく海外に進出するのにも役立つ。

 

RCEPの署名により、無錫にさらに対外開放機会がもたらされ、無錫が大きな受益者となることは間違いない汪行氏は、ハイエンドのシンクタンクと協力して企業向けの政策研修を行う一方で、政府レベルからの指導方針を策定し、企業が提携地域の国々の市場を拡大するのを支援すると同時に、日本、韓国などの地域諸国との協力をさらに深め特に技術の研究開発、ブランドチャネル、本部経済開発における協力であることを明らかにした。

 

 
「中国無錫」政府ポータルサイトの著作権声明      サイトマップ     私たちへのご連絡

Copyright © 2011 The City of Wuxi All right reserved. ICP Certificate No. 09024546