中文(简体)  |   English  |   한국어  |   中文(繁體)
韓国資本 無錫第二外資の源となった
2020-10-16
 

9月に総投資が10億ドルに達した楽友新エネルギー材料(無錫)有限会社のプロジェクトは完工され、これから5,000トンの計画生産能力で量産が開始された。同プロジェクトは世界最大の新エネルギー自動車動力バッテリーのプラス極材料の生産基地によって建設され、第一期に一回の充電が道程320キロメートルを確保する高性能の新エネルギー自動車60万台の動力バッテリーを生産することは可能だ。それに先立ち、グローバル半導体及びディスプレイ石英材料の先導企業であるウォニクキューエヌシー会社も、「クラウド契約」を通じ中国投資規模の最大のプロジェクトを無錫に進出した。

 

新型コロナにより国際往来が制限され、不確定性が増加し、世界経済環境に変化をもたらした。それにしても、韓国資本は依然として積極的に無錫に入り、投資のペースはずっと止まっていない。市商務局によると、今年1~8月に、当市は実際に19.56億ドルの外資を使用し、そのうち2.8億ドルの資金源地が韓国で、全市の14.36%を占め、資金源地の中で第二位となった。

 

現在まで、韓国は無錫で634件のプロジェクトを投資し、累計で投資総額が300億ドル近くに達した。統計によると、韓国系企業の従業員は2万人近く、営業収入は700億元余り、納税は25億元を超えており、当市の社会経済発展に重要な貢献をした。

 

無錫は重点的に韓国系企業を優秀企業の「ホワイトリスト」に組み入れ、人材保障などの支援措置を提供する。投資サービスクラウドの韓国語版を打ち出し、両地の産業・学校・研究院の協力を推進する。政府専員は企業に減税政策指導を提供する予定……それだけではなく、在無錫の韓国人に優れた生活環境を提供するために、無錫は韓国人学校、韓国資本銀行などの関連資源を受け入れ、東アジア風情街、国際化コミュニティなどの生活サービス施設を建設した。

  

 
「中国無錫」政府ポータルサイトの著作権声明      サイトマップ     私たちへのご連絡

Copyright © 2011 The City of Wuxi All right reserved. ICP Certificate No. 09024546