中文(简体)  |   English  |   한국어  |   中文(繁體)
知能製造プロジェクト12件 年内スタート
2020-10-16
 

10月14日に経済開発区計画局によると、無錫の「第一工事」という太湖湾科学技術革新ベルトの計画及び経済開発区自身の産業発展ニーズを結びつけ、経済開発区は産業強区の戦略配置を積極的に最適化し、「一鎮五パーク」の建設推進を加速し、地域分業が合理、産業特色が鮮明、産業機能が相補的な産業配置を形成し、既存の産業用地の貯蓄資源に対する改造・アップグレードを踏まえて、経済の総量を大きくする。

 

「一鎮五パーク」の鎮は雪浪小鎮である。計画に基づき、雪浪小鎮未来パークは工業インターネット、シティーブレーン、ビッグデータなどの分野に焦点を合わせ、複数の重要な革新プラットフォームを受け入れ、工業インターネット、都市モノのインターネット(IoT)産業生態クラスターを構築する見込み。「五パーク」とはセンシング情報産業パーク、新産業革新パーク(双新)、知能製造産業パーク、黄金湾科学技術革新パーク、クリエィティブ展覧産業パークのことである。

 

調査によると、上記の5つのパークの中で、現在すでに黄金湾科学技術革新パーク、新産業革新パーク(双新)などの伝統的な工業パークの改造・アップグレードをスタートした。双新伝統工業パークの改造・アップグレード案はすでに確定しており、年内にスタートエリアの立ち退き作業が完了する見込みだ。1ムー当たりの税収50万元超の良質な知能製造プロジェクト12件を実施し、年内に全部建設を開始する予定で、来年の工業投資、再来年の工業生産を保障することに堅固な基礎を打ち立てる。

 

 
「中国無錫」政府ポータルサイトの著作権声明      サイトマップ     私たちへのご連絡

Copyright © 2011 The City of Wuxi All right reserved. ICP Certificate No. 09024546