中文(简体)  |   English  |   한국어  |   中文(繁體)
黄欽氏は宜興市へ経済社会の発展状況を調査・研究に
2020-03-16
 

先日、無錫市委員会書記黄欽氏は宜興へ経済社会の発展状況を調査・研究に行った。「宜興市の発展態勢は良好で、無錫市発展の最大の潜在力です」黄欽氏は述べた。また、習近平新時代の中国の特色のある社会主義思想を導きとし、多重戦略を重ねた貴重なチャンスをつかむために、勢いに乗じ、全力を尽くして先を争い、無錫経済社会の発展に対する貢献力を高め、全国の県域経済発展における順位を引き上げ、無錫の「一体両翼」発展パターンの中でより一層強い翼にあると強調した。無錫市委員会常務委員、常務副市長朱愛勲氏、市人民代表大会常務委員会副主任、宜興市委員会書記沈建氏が調査・研究と座談会に参加した。

 

黄欽は宜興に対して、疫病の予防・抑制を絶えずに把握し、海外からの輸入、農村における疫病の予防・抑制を真剣に行い、疫病状況の予防・抑制が全面的に勝利することを確保する。確実に生産再開の仕事を把握し、企業に対する指導サービスを強化し、積極的に中小企業に指導を提供し、問題を解決し、企業の生産力をできるだけ早く回復させる。民生保障に全力を尽くして取り組み、疫病の影響に対する各種民生保障措置を十分に活用し、特殊な困難な大衆の援助活動をしっかりと行い、疫病による貧困回復を確実に防止しなければならない。リスク予防を重視し、引き続き32の重点業種の安全潜在的なリスクを把握し、整備し、本質的な安全水準を全面的に向上させ、安全事故の発生を断固として防止する。金融リスクの緩和と予防という攻略戦を突っ込んで推し進め、さらに優れた金融生態を作り、システム的な金融リスクが発生しないよう確保すると要求した。

 

黄欽氏は、宜興市委員会は党の建設を強化することを各事業の高品質発展を推進する根本的な保障とし、党統治党の政治責任を強化し、「三つのメカニズム」を細分化し、幹部の監督管理と教育育成を絶えず強化し、党員幹部の仕事と創業の気力をさらに奮い立たせる。全面的に党を厳しく治めることを突っ込んで推し進め,「四風」問題を厳しく打撃する。腐敗問題に対して厳しく処罰し、大衆が強く反映した形式主義、官僚主義、大衆の利益を侵害する各種の顕著な問題を確実に解決する。たゆみなく末端の基礎建設を強化し、末端の建設の鮮明なガイドをしっかりと確立し、基礎をしっかりと固め、チームを強め、人材を集めるなどの各仕事を総合的計画し、組織資源を末端に傾斜させ、発展プラットフォームを末端に集中させ、末端組織の戦闘力と凝集力を高めると強調した。

 
「中国無錫」政府ポータルサイトの著作権声明      サイトマップ     私たちへのご連絡

Copyright © 2011 The City of Wuxi All right reserved. ICP Certificate No. 09024546