中文(简体)  |   English  |   한국어  |   中文(繁體)
紅豆古株党員慈愛基金の支給
2019-12-02
 

昨日午後、2019年度紅豆古株党員慈愛基金の支給及び無錫民営企業マルクス主義研究会の課題原稿募集の授賞交流活動が行われた。市委員会常務委員、組織部長の馮軍氏は援助を受ける対象と受賞者に、慈愛基金と奨励証書を授与した。

紅豆古株党員慈愛基金は、紅豆グループ党委員会の周海江書記が2000万元を寄付して2017年に設立した全国初の個人投資の党員慈愛基金である。今年は3回目の基金支給になっている。今回は無錫貧困古株党員と支部書記59名、優秀な党務従事者と支部書記15名、党支部標準化規範化の模範地13ヶ所が慈愛基金を獲得した。

無錫民営企業マルクス主義研究会は全部で9件の研究課題、20編のテーマ文章で奨励を獲得した。昨年、同研究会は学校と企業の共同研究プラットフォームを構築し、大学の専門家学者と企業の党幹部が研究グループを結成し、関連研究を展開した。会議では、6つの研究課題について意見が交わされ、その中で一等賞を受賞した「党建設の指導を強化し、『二つの健康』を確保する——紅豆グループが『現代企業制度+党の建設+社会責任』の企業管理モードを模索・構築する実践と啓発」という課題は、今年7月中央組織部が編集・発行した初心を忘れず、使命を胸に刻むテーマ教育事例叢書の『党の建設』に入選し、唯一入選した民営企業の党建設事例になっている。

 
「中国無錫」政府ポータルサイトの著作権声明      サイトマップ     私たちへのご連絡

Copyright © 2011 The City of Wuxi All right reserved. ICP Certificate No. 09024546