中文(简体)  |   English  |   한국어  |   中文(繁體)
青海省海東市党政代表団は考察に来錫(トピックス)
2019-11-13
 

  

太湖の浜の無錫と青海湖の湖畔の海東は、千里を越えて、手を携えて東西部の貧困扶助協力の新しい見本を作る11月10日から11日まで、青海省海東市党政代表団がわが市を訪れ、習近平総書記が一対一で支援と貧困扶助協力に関する一連の重要な指示の旨を徹底的に実行し、貧困扶助協力と一対一で扶助の各活動を深、両地の共同協力を推進して考察交流を行うことについて、市委員会書記の李小敏、市長の黄欽が視察に同行した11月11日、両地は東西部貧困扶助協力工作連合会議を開催し、李小敏は会議を主宰し、そして講演を行った。青海省人民代表大会常務委員会副主任、海東市委員会書記の鳥成雲は講演を行い、海東市委員常務委員、常務副市長李青川、無錫市リーダーの黄欽、王進健、蒋敏、恵山区、梁渓区、市関連部門の主要担当同志と海東の錫で一時着任する人材代表が会議に出席した

消費貧困扶助するのは貧困層を牽引しながら、広大な市場にも繋がっている。それは産業貧困援助を安定的に発展させる重要なエンジンである。ここ数年来、私市は相次いで消費で貧困扶助の「西物東輸」「東城西就」「東客西遊」という3つの行動を実施し、積極的に海東関係地区の貧困層の収入増加を援助する。当日の午前8時ごろ、鳥成雲一行は市民センターで新たに登場した無錫-海東貧困扶助協力電子商取引オフライン体験に除幕した。店の中に入って、商品棚に富セレン黒ニンニク、高原牛と羊の肉、黒枸杞子、ハダカムギなどの海東の特色のある農産物がいっぱい並んでいる。海東農産物が無錫市民の愛顧を受けていることを知り、鳥成雲氏は非常にうれしくと思われ、両地の農業交流と協力をさらに強化し、海東農産物の「生態、グリーン、有機、富セレン」のブランドイメージと知名度を高め、高原の特色のある農業ブランドをより多く無錫に普及しようと希望している。

無錫にいる期間中、海東市党政代表団一行も無錫のモノのインターネット革新促進センター、華洋ころがり軸受有限会社、銀邦株式、飛而康会社、鴻山モノのインターネット小鎮、鴻山遺跡博物館などへ視察に訪れ、無錫の新興産業の強い勢い、伝統産業の転換とアップグレードの力、文化観光融合の経験方法は、皆様に深い印象を残した。

 
「中国無錫」政府ポータルサイトの著作権声明      サイトマップ     私たちへのご連絡

Copyright © 2011 The City of Wuxi All right reserved. ICP Certificate No. 09024546