中文(简体)  |   English  |   한국어  |   中文(繁體)
第二回江南文脈フォーラムは無錫で開幕(トピックス)
2019-10-31
 

  

10月29日、第二回江南文脈フォーラムが江南文化名城無錫で開幕した。400人余りの国内外から訪れた関連研究分野の有名な専門家学者が一堂に会し、話を共にし、文化の革新を促し、長江デルタの更なる高品質一体化の発展を推進してい。全国政治協商会議の副主席、民革中央常務副主席の鄭建邦開会式に出席して演説し、省委員会常務委員、宣伝部部長の王燕文が主宰し、市委員会書記の李小敏は歓迎のご挨拶された。

鄭建邦挨拶、江南は中華文明の重要な発祥地の一つであり、江南文化は中華優秀伝統文化の重要な構成部分であると示した。長江デルタ一体化の発展国家戦略に上昇するに伴って、江南文化の重要性がより際立ち、江南文化の創造的転化、革新的な発展は一層時代的意義がある。今回のフォーラムは「文脈伝承と長江デルタ一体化発展」をテーマに、高度な文化意識と強い時代担当精神を体現してい。今日は江南の文脈を検討するのは現在の時代で文化的な認めの上でより大きな同心円を構築し、文明的な共通認識の上でより大きな公約数を求め、江南文化、中華文化の革新的発展のために源の流動水を提供し、人類文明の進歩のために知恵と力を集める

李小敏はフォーラムの開催お祝いを示した。開放包容は長江デルタ一体化発展の内在的な求めであり、江南文化が長江デルタ都市に与える内在的な優位性でもある無錫は江南文化の発祥地の一つであり、江南文化の堅固な伝承者、積極的伝播者でもあ。私たちは今回のフォーラムの開催を契機に、専門家の方々の真実な知見を真剣に吸収し、江南文化が保護の中で伝承し、伝承の中で革新し、革新の中で発展することを着実に推進し、一層生き生きとした活力、より輝かしい時代の魅力を輝かせると話した。

市の指導者の徐一平氏、周敏煒氏、袁飛氏、華博雅氏、劉霞氏、張麗霞氏及び上海市、浙江省、安徽省、江蘇省の関係者、イギリス、ロシア、オーストリア、ドイツ、フランス、カナダ、アメリカ、日本、韓国などの10カ国以上の国と中国香港、台湾地区の90余りの研究機関と学術団体の専門家らが開会式に出席した。

 
「中国無錫」政府ポータルサイトの著作権声明      サイトマップ     私たちへのご連絡

Copyright © 2011 The City of Wuxi All right reserved. ICP Certificate No. 09024546