中文(简体)  |   English  |   한국어  |   中文(繁體)
第十五期中国(無錫)国際設計博覧会開幕
2019-05-27
 

  孟夏万物が青々と生き茂る。江南盛地に、盛会の連続であった5月25日第十五中国(無錫国際設計博覧会は太湖国際博覧センターで盛大に開幕し、設計の大物はたくさん太湖の辺に集い、知恵を共有し、設計産業発展の成り行きを話し合った。第十一全国人大常委会副委員長の華建敏氏は会場に臨み、祝賀のメッセージを送り、国家知識財産権長の氏、省委常委、市委書記の李小敏氏、副省長の馬秋林氏、世界知識財産権組織の総幹事の氏は博覧会の幕を開けた。秋林、王彬氏は博覧会の幕を開けた。秋林、王彬、科技部高新司副巡視員の梅建平、市長の欽氏はそれぞれ挨拶を述べ、市長の氏は開幕式の進行役を務めた。

  黄欽氏は、期の博覧会は開放、創新オリジナル制作保護エコ・シェア、融合発展の理念を以て、業界の交流展示プラットフォームを構築、マッチングや提携事業を推し進め、設計創新と経済、社会全面融合発展を後押しする意図を説明したこの場の借りて、国内外設計分野の優秀企業び業界大物と思想を交流し、知恵を絞り、方向を明らかにして、より深みのある幅広い分野での実務的な事業提携を展開する意向を示した更に、関係者に無錫にて創新、創業を起こし、ここで知恵を絞り、苦労をして、設計のを開花させ、設計産業の明るい未来を共創する期待を明らかにした

  本木の博覧会は国家知識財産権局、科技部、省政府の共同主催で、知識財産権局、省科技、市政府共同実施のもので、「設計·新知造·新生活」をテーマに、3日に「」、「」、「賞」を目玉にしたイベントが行われる博覧会は国際主流設計によく採用されている「シーンの体験」という設計理念を以て、「·行·趣」を本筋に、23400平米のインタラクティブの設計体験を企画、また新科技及び未来設計ハイレベルフォーラムを主催、工業外観設計国際登録ハーグ協定の有效利用をテーマにするサブフォーラム、第八期「太湖賞」設計大会の授賞式並びに設計のなどたくさんのイベントを用意した

   省知識財産権局局長の氏、省科技庁長の蒋洪氏、指導者の徐一平仲林氏、中国工程院院士、江南大学学長の陳堅氏世界知識財産権組織中国事務所、国内有名高等学府企業の関係責任者は開幕に出席した

 
「中国無錫」政府ポータルサイトの著作権声明      サイトマップ     私たちへのご連絡

Copyright © 2011 The City of Wuxi All right reserved. ICP Certificate No. 09024546