中文(简体)  |   English  |   한국어  |   中文(繁體)
3Dプリント業界大物 無錫で産業発展を話し合う
2019-05-14
 

3Dプリント産業は需要が旺盛である、そして中国には人材を集める風土ができていると専門家らは意見を示した10日に開かれた中国(無錫)增材製造品質向上大会では、国際標準化組織增材製造技術委員テスト方法グループISO/TC261/WG3)の秘書長Olivier COISSAC西北工業大学教授、科技部3Dプリント首席専門家の衛東氏はそれぞれ主旨講演を発表した。国内有名機構からの業界専門家ら、学者らは增材制造(3Dプリント分野の国内外の標準化策定産業発展傾向技術運用状況などを講演で紹介した

  来場した来賓は様々な深みのある、広さのある知見を共有した。黄衛東教授主旨講演「增材製造(3Dプリント)世界情勢と中国のチャンス」に示したように、3Dプリントの世界情勢はアメリカが圧倒的な優位を有しており、中国が先導集団に進出した」「創新能力の面において、中国は先導集団を追いかけておる、デバイスのブランドについて、アメリカとドイツは市場の半分ずつを取っており、中国が頭角を表したばかり。産業運用面において、中国3Dプリントを発展する巨大なチャンスを抱えている衛東教授中国製造業は規模が世界一で、産業転換・高度化はほとんどの企業の共通課題のため、産業の需要が極めて大きいと教えた

  「目下、国内增材の製造技術標準はISOと合わせつつあるこれは国内增材製造業界に最新の情報を取り入れ、より多くの企業の海外進出に条件を整える国家增材製造製品品質監督検験センターの呉建国主任は語った

增材製造産業は無錫が重点として育成する4つの将来産業の一つ、目下、全市增材製造企業は50社あまりが

集積しており、良好たる発展ぶりを呈している

 
「中国無錫」政府ポータルサイトの著作権声明      サイトマップ     私たちへのご連絡

Copyright © 2011 The City of Wuxi All right reserved. ICP Certificate No. 09024546