中文(简体)  |   English  |   한국어  |   中文(繁體)
錫産国賓車が南米に成功に進出し、成熟した海外経営体制で市場シェアを引き続き高めている
2019-07-05
 

近日、上汽大通の各新車600台を満載した大型船が、上汽グループの南米西航路に沿って南米大陸に向かっている。現在になり、上汽大通は南米で累計販売台数が万台を突破し、南米市場もオーストラリア、ニュージーランド市場に続いてもう一つの「万台レベル」の海外市場となった。

 

南米は面積が広いが、人が少なく、多くの都市が山地と平原に分布し、気候が暖かくてしっとりしているので、鉄鋼が極めて錆びやすくなる。上汽大通の社長徐鴻毅氏は記者になぜ上汽大通商務車が従来の欧米ブランドとの競争から勝ち抜き、個別の車種がチリなどの国で販売台数トップになったかというと、一流の技術面の実力が基礎であるからと説明した。2011年上汽大通が最初に打ち出した製品は直接にEU水準と対照し、EUECE、WVTAなどの厳しい標準が通り、数年間の技術の更新グレードアップの中、知能操作元素を入れたのみならず、更に南米の気候に対して最先端の抗腐食塗料の技術を採用し、多くの外国自動車ブランドが何年間の解決できなかった難点を克服した。

完備するアフターサービスは企業の注文が増加している強い後ろ盾となっている。徐鴻毅は上汽大通でずっと前から海外アフターサービス技師チームを設立し、専門的に海外の端末業務の問題を解決すると述べた。そのほか、上汽大通のアフターシステムはほぼすべての市場をカバーした。今年の1~5月、上汽大通は海外市場における販売台数が前年同期より25.86%を増加し、全体的に低迷している国内自動車市場において国産自動車が外国に進出する新たな道を切り開いた。水素燃料を使用する新車種が無錫に発表され、その際に、多くの市民が碩放空港や江陰旅客運送駅を行き来するカスタマイズラインで無錫新エネルギー車のグリーン低炭素を楽しむことができる。

 
「中国無錫」政府ポータルサイトの著作権声明      サイトマップ     私たちへのご連絡

Copyright © 2011 The City of Wuxi All right reserved. ICP Certificate No. 09024546