中文(简体)  |   English  |   한국어  |   中文(繁體)
再出発!測定を行うのに 遠望3号船は南太平洋へ
2019-06-10
 

 8日9時、遠望3号の遠洋宇宙測定は汽笛を鳴らし、中国衛星海上制御部の埠頭を出て、衛星海上観測制御任務を実行するため、南太平洋のある予定海域に向かったこれは3号船の今年2回目の出航で、進水20年以来の52回目の出航でもあった

  「今回は3号船の今年の2回目の出航、船員たちは陸上で1ヶ月間し休みを取っていない。」3号船党委員会書記の董相奎さんによると、今年3月13日に出港して5月5日に帰航し3号船は円満に天鎖二号-01星と北斗三号のIGSO-1衛星といった海上観測制御任務を2度と完成した。今回の出航は端午節句とダブリ、乗組員は家族との団欒の機会を諦め、物資補給、設備点検、技術状態検査などの出航準備を行った 出航する前に、海上交差作業あり、統合が難しい、安全面のプレッシャーがきいことを受け、遠望3号船は任務重点、難所びリスクの分析を慎重に行い、設備の動的性能全面に検査、テストをし、的確な任務リハーサル及び重点工程作業者への執務能力アセスを行い、作業者の能力を引き上げ、スムーズな航行と任務の円満遂行を確保した

  遠望3号船国第二代目の援用宇宙測定、ロケット高中低軌道衛星宇宙船をターゲットにした海上測定・制御・通信を行い、執務以来、神舟、嫦娥、北斗をターゲットにした海上測定・制御任務を82回も遂行した

 

 
「中国無錫」政府ポータルサイトの著作権声明      サイトマップ     私たちへのご連絡

Copyright © 2011 The City of Wuxi All right reserved. ICP Certificate No. 09024546