中文(简体)  |   English  |   한국어  |   中文(繁體)
錫山晴れの雲
2016-10-11
 

錫山は恵山の脈が残るので、海抜は74.3メートル、周囲は約1.5キロメートル。考古の掘り起こした証明を通っていた:4000数年前に、錫山の南麓の一帯、新石器時代の中末期に無錫の先賢の大型村が集まるのだのでことがあって、“良渚文化”に相当します。言い伝えられているによると、周秦時、山の上にすず鉱石があって、漢までに初めて採掘するのがほぼ尽きようとして、そこで“無錫”の地名の由来の言い方の中の一つになります。民間の俗語の雲:“無錫の錫山は山があっても錫はなく”。また1―2世紀の東漢の時伝わって、錫山の下で古い碑を獲得するきこりがあって、上に“錫の兵がいて、天下は争います;無錫は、はむしろ、天下は澄んでいます”という言葉を刻んでいます。

 

 
明初に、“錫山の晴れの雲”は“梁渓の8景”の首とさせられます。明るい洪武、永楽年間、山山頂建ダイウイキョウ7層の楼閣式の竜光塔、無錫の派手な眼の玉を書き入れるペンになって、無錫の都市が表すです。塔に登って目を向けて、都市が景色や事物が変化に富んで壮観で、運河は着て過ぎて、太湖は派手でたおやかです。

 
「中国無錫」政府ポータルサイトの著作権声明      サイトマップ     私たちへのご連絡

Copyright © 2011 The City of Wuxi All right reserved. ICP Certificate No. 09024546