中文(简体)  |   English  |   한국어  |   中文(繁體)
外国人が中国のビザを申請する手順
2012-06-18
 

 

一、どこでビザを申請したら良いですか?

 

ビザを明確に免除されている外国の公民以外、原則として、外国の公民は中国に来る前に海外駐在中国大使館?領事館や事務所、香港、マカオにある特派員公署あるいは外交部から権利を得ている海外駐在機関でビザを申請するべきです。

 

外国人が普通ビザで入国した後、もしビザを延長?変更する必要がある場合、公安部の権限を授ける県レベル以上の地方の公安機関に申請しなければなりません。

 

二、どのようにビザ申請手続きを提出しますか?

 

中国のビザを申請する時、下記の資料が必要です:

(1)提出の日から、有効期間6ヶ月以上、空白ページがある旅券

(2)真実を漏れなく綺麗に記入し、そして申請者の署名がある《中華人民共和国のビザ申請表》1枚

(3)最近撮影された、正面、脱帽の旅券写真1枚(生活写真、写真コピーあるいは普通のコピー用紙で印刷されているデジタル写真は受け入れません)

(4)中国に来る事由によって、またその他の関連資料を提出しなければなりません

(5)ビザ審査官に要求されるビザ申請に関係があるその他の証明書類

(6)ビザを受け取る時、申請者はビザ申請料、特急あるいは加急サービス料(選択可)を払う。

 

三、どうやって自分で中国のビザを申請しますか?

 

(1)ビザの再入国回数

ビザの有効期限のうちに、ビザの所有者が中国に入る回数を言います。再入国の回数を使い切ると、ビザが無効になります。もし再び、中国に入るとしたら、改めてビザを申請しなければなりません。再入国の回数は使い切っていなくても、ビザ有効期間が切れた場合、改めてビザを申請するべきです。再入国回数を使い切ったビザを持って入国しようとする場合、入国を拒絶されますので、出発する前に、再度、再入国の回数とビザの有効期限をご確認ください。

 

(2)ビザの有効期限

ビザの自身の有効期限を言います。再入国の回数がまだ残っている場合、ビザ有効期限内であれば、ビザの持ち主はいつでも中国に入国することができます。(満期になる当日の24:00までに入国可能)。ビザの有効期限が切れた場合、再入国の回数が残っていても、再入国が自動的に無効になります。もし、また中国に入国するなら、改めてビザを申請しなければなりません。すべてのビザは発行日から発効して、個人または第三者の都合で日程が変更されてビザが使えなくなった場合、申請者の責任となります。期限が切れたビザで中国に入国しようとする場合、入国が拒絶されますので、出発する前に、再度、ビザが有効なのかどうかご確認ください。

 

(3)ビザの滞在期限

ビザの持ち主が最大限度、どのぐらい中国で滞在できるかを言います。即ち、入国日から中国で最大限度泊まれる日数です。もし、滞在予定を延長する場合、ビザが切れる前に、地元の公安局でビザ延長手続きをしなければなりません。ビザが切れた後、国内で滞在する外国人は「外国人出入国管理規定」に違反しますから、罰金などの処罰がなされます、滞在している間、滞在期限が過ぎていないかご確認ください。

 

中国で就業(Zビザ)、記者(J-1ビザ)、定住(Dビザ)及び留学(Xビザ)の外国人が、不法滞在者にならないように、入国日から30日内、必ず現地の公安機関で居留登録手続きをしなければなりません。

 

無錫市公安局出入国管理部門

の住所: 無錫市崇寧路58号

電話: 0510-82706842

 

 
「中国無錫」政府ポータルサイトの著作権声明      サイトマップ     私たちへのご連絡

Copyright © 2011 The City of Wuxi All right reserved. ICP Certificate No. 09024546