中文(简体)  |   English  |   한국어  |   中文(繁體)
中国のオフショア•ソフトウェアは5年間35.3%複合増加
2012-06-18
 

 

  市場研究機構IDCは《中国のオフショア?ソフトウェア市場2008~2012年の予測と分析》という調査研究報告を発表しました。報告では、ここ数年来我が国のオフショア?サービス市場の規模と成熟度は増強の情勢にあると指摘しています。その中、2007年の中国オフショア?アウトソーシング?ソフトウェア市場の規模は19.7億ドルに達しており、2006年同時期と比べて42.4%増大しました。IDC見通しでは、2012年までに市場の規模は89.5億ドルに達し、5年間の複合成長率は35.3%と予測しています。

 

  報告では、2007年の日韓市場は依然として中国オフショア?ソフトウェア?アウトソーシングの主要市場であり、全体の市場規模の51.8%を占め、2006年同時期と比べて32.2%増大すると報告しています。IDC見通しでは、日本のオフショア?サービス業務の安定的な発展にしたがって、2007年~2012年の間、日韓市場からのアウトソーシング?オフショア業務の拡大は落ち着き、複合成長率は27.2%となります。

 

  2007年、欧米のオフショア?アウトソーシング業務は急激に増加し、同時期と比べて増加率は60.6%となりました。IDC予測では、今後の5年間、欧米市場の複合成長率は44.7%に達し、2009年までに、欧米市場は日韓市場に代わって中国のオフショア?ソフトウェア?アウトソーシング市場の主要市場となります。IDCは、2007年から、発注先の関心はインドから中国へ徐々に移すと指摘しています。十分なIT人材の供給、製品環境の最適化、成熟しつつあるサービスは中国オフショア?ソフトウェア?アウトソーシング企業の国際資源配置における競争力をさらに向上させています。しかし全体としてインドなどの競争相手を越えるにはまだ時間が必要になると指摘しています。

 

 
「中国無錫」政府ポータルサイトの著作権声明      サイトマップ     私たちへのご連絡

Copyright © 2011 The City of Wuxi All right reserved. ICP Certificate No. 09024546